見出し_福利厚生
見出し_福利厚生
健康経営
Health management
健康経営に関する方針

健康経営は『ITでグローバルに東京海上グループを支える会社"Good Company"』をつくる基盤そのものであり、社員およびその家族の心身両面にわたる健康保持・増進に積極的に取り組みます。

行動方針

1. 社員一人ひとりが自らの健康について意識し、その家族を含め、健康管理に取り組みます。

2. 会社は、健康施策を通じて、社員の健康保持・増進を積極的に支援します。

3. 社員がやりがいを持って安心して働くことのできる、快適な職場環境の形成に努めます。

健康経営推進体制

人事部を中心に、各委員会や産業医、健康保険組合と連携し、社員の健康保持・増進に向けた活動を展開しています。取締役会に、社員の健康状態や施策の実施状況を報告し、健康経営の継続的な改善を図っています。

主な取組み
【定期健康診断の受診徹底】
定期健康診断は、病気の早期発見・早期治療だけでなく、自身の健康状態を把握し改善する重要な役割があります。受診率100%を達成するために、年間健診スケジュールで受診漏れ等の防止を図っています。
【健康診断結果の面談】
社員一人ひとりの健康管理に向き合い支援するために、産業保健スタッフが対面で健康診断の結果をフィードバックし、健康管理のアドバイスを行っています。
【メンタルヘルスケアの推進】
メンタルヘルス疾患の予防と早期発見のために、セルフケアやラインケア研修やストレスチェックの一斉実施を行っています。また、産業医、メンタル産業医、臨床心理士によるカウンセリングの実施や休業者の復職支援にも取り組んでいます。
【リラクゼーションルーム】
身体や心をリフレッシュするため、リラクゼーションルームを設定しています。国家資格を有するヘルスキーパーがマッサージを行っています。
【健康施策】
社員の健康保持・増進を目的として、各種施策を実施しています。
実施する施策については、毎年見直しを行っています。
  • チャレンジ5
  • 1チーム3名でエントリーし、3ヶ月間ダイエットチャレンジ
  • ラジオ体操
  • 10月~11月の2ヶ月間、ラジオ体操を実施
  • 健康増進月間
  • 健康保険組合と連携し、全社員を対象に健康チャレンジを実施
  • 健康セミナー
  • 社外講師による健康セミナーを実施
  • 運動イベント
  • 様々な運動イベントを開催
「健康経営優良法人2018」認定

「健康経営優良法人2018 大規模法人部門(ホワイト500)」認定

東京海上日動システムズ株式会社は、健康経営に積極的に取り組んでいる企業として、平成30年2月20日付けで経済産業省と日本健康会議が共同で実施する「健康優良法人2018 大規模法人部門(ホワイト500)に認定されました。

今後も健康保険組合と連携を取りながら、社員の健康保持・増進のための課題について協議し環境づくりや健康増進の施策を実施していきます。

ホワイト500