東京海上日動システムズ株式会社 代表取締役社長 久井 敏次
東京海上日動システムズ株式会社 代表取締役社長 久井 敏次
社長メッセージ
message
ビジネス変革をリードする
バリューパートナーを目指して。

東京海上日動システムズは、2004年の合併により、東京海上日動火災を中心とした東京海上グループのIT戦略を支える中核企業として、誕生しました。 「技術に心を乗せて世界中にお届けします」という企業コンセプトのもと、業務分析からビジネスプロセスの構築、幅広いソリューションの提案によって最適なシステムをつくり上げ、安定稼働させることをミッションとしています。

東京海上グループは、国内外において損害保険・生命保険事業や金融・一般事業を幅広く展開するグローバル保険グループです。 社員一人ひとりが「お客様のいざという時にお役に立ちたい」という想いを持って、失敗を恐れず、次々と新しい取り組みに挑戦しています。 これまでも新たな技術をいち早く取り入れ、様々なビジネスプロセス改革を実現してきました。

デジタル時代に入り、保険事業においても、ITがビジネスを変革するという大きな転換期を迎えています。 また、サイバーリスクをはじめとして、こういった時代の新たなリスクにも対応していかなければなりません。 ますます当社の役割が拡大しております。 東京海上グループ各社のビジネス戦略の策定から共に取り組み、ビジネスに高い価値を創造し、そのビジネスに関わる全ての人に、「ありがとう」と喜んでいただけるITサービスの提供を通して、世界中のお客様に安心をお届けしてまいります。

東京海上日動システムズ株式会社
代表取締役社長
久井 敏次